学校紹介

トップページ > 学校紹介 > 校長挨拶

校長挨拶

 

「進取の精神」・「文武一如」の校風

 

 

  校 長  八田元史

  

 本校は明治38(1905)年125日に、「自己の信ずる教育をするためには自分の学校を持たねばならぬ」という当時36歳の創立者・斎藤由松の「建学の精神(魂・ミッション)」によって設立された「斎藤女学館」に始まります。その後いくつかの変遷を経て、今から約60年前の昭和31(1956)年に男女共学とし、校名を「中越高等学校」と改称。平成27年に創立110周年を迎え、本年(平成29)で満112年になります。

 本校は「建学の精神」を、校風の「進取の精神」と「文武一如」、校訓の「質実剛健」、そして「教育精神」に具体化し人材の育成に努めています。

 

 「進取の精神」、「文武一如」の校風を受け継ぎ、学ぶ志を育てる学校

   高い志を持つ人材(リーダー)の育成

   学び続け、自らの力で問題を解決しようとする人間の育成

   学業と部活動、どちらも等しく大切にする人間の育成

「質実剛健」~うつくしく、逞しく~

   明るく元気な挨拶に始まり、真面目で、心身ともに強く自らを鍛え続ける人間の育成

   他と共生(他人の考え、行動、性格を理解し受け入れ)しながら、自らの考えに拠って生きる個性豊かな人間の育成

「教育精神」

   主体的に知を探求し、たくましく生きるための心身の健康を増進する

   地域の文化や、日本の伝統文化に触れる心を大切にする

   国際化、情報化社会における自らの課題を探求し、将来のキャリアの準備をする


地域に愛される未来のリーダー、明るく元気で爽やかな中越高等学校生をご支援ください。 

平成29年4月1日

  • 特進コーストピックス
  • コース案内
  • クラブ活動
  • 同窓会
  • PTA
  • 新潟県 魅力ある私立高校づくり支援事業

〒940-8585 新潟県長岡市新保町1371-1 TEL 0258-24-0203 Fax 0258-24-0205

Copyright © Chuetsu High School All Rights Reserved.