クラブ活動

トップページ > クラブ活動 > 放送部 > 放送部 全国大会参戦記

放送部 全国大会参戦記

1 NHK杯全国高校放送コンテスト
 7月25日(火)から27日(木)まで、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年センターとHNKホールで行われた大会に参戦しました。
 3年安部夏美が昨冬から制作を始めたテレビドキュメント「ふでびとと音楽」と、1年生が主体で作ったラジオドキュメント「Pink or Brown?」とで参戦。
 「ふでびとと音楽」は、中越高校書道部の書道パフォーマンスを追った作品で、「Pink or Brown?」は長岡の醤油赤飯を追ったもの。
 NHK杯全国高校放送コンテストは、初日に全部門全作品・参加者による「準々決勝」を行い、2日目に「準決勝」、最終日にNHKホールでの「決勝」と、3回の審査によって日本一を決める戦いです。
 今回の本校の2作品は、共に「準々決勝」敗退となりました。

 新潟県からの参加では、アナウンス部門に2名、テレビドドラマ部門に1作品が勝ち残り、うちテレビドラマ部門に参戦していた新潟高校放送部の「バレンタイン・デイ」が決勝へ進出。NHKホール3000人の笑いと喝采を受けると共に、優勝を果たしました。新潟県の放送部全体にとっての輝かしい1ページを刻みました。
 今回参加した中越高校放送部員の1年生達にとっても刺激となり「次にウチらが作る作品は・・・」などと考え始めました。楽しみです。
 NHK杯全国高校放送コンテストは点数が公開されており、それを見るとあと一歩という所まで来ています。その「あと一歩」を、また部員一同で踏み越えられるようにがんばっていきたいと思います。


2 全国高等学校総合文化祭・みやぎ総文2017
 NHK杯の翌週、8月3日(木)-4日(金)に、宮城県仙台市で開催された大会に参戦。昨年夏に長岡市で開催された「第1回世界えだまめ早食い選手権」に参加した放送部の先輩を追ったドキュメント。
 「会場の笑いが取れればいい」という安部夏美の期待を大きく上回る「優秀賞」受賞。賞状と盾を貰ってきました。
 大会の撮影や取材には、丸山豊様はじめスタッフの皆様のご協力のおかげと感謝致します。
 中越高校放送部としても初めての全国大会入賞となり、部員一同と卒業生も大喜びです。

3 世界大会参戦
 今年も「世界えだまめ早食い選手権」に参加しました。チーム名は昨年を引き継ぎ「EMJK’17」。1年生による団体戦と、3年生の個人戦とにエントリーしました。
 大会前には猛特訓に励みましたが、今回は予選敗退。次年度へのリベンジを誓いました。

 いったい、何部だ?

4 全国大会オフショット
(1)放送部ポロシャツ2017バージョン
 全国大会を前にポロシャツを作成。背中には「放送人(ほうそうにん)」とプリント。
 昨秋本校放送を取り上げて頂いた「嵐にしやがれ」の中で、バカリズムさんのひと言「なっちゃんが一人になったら、放送部が放送人になっちゃうよ」を頂きました。


(2)宮城県仙台市で
 移動日のオフショットです。仙台城「青葉城」跡の伊達政宗公の銅像前です。